リフティング

裸足リフティングで上達速度を引き上げろ!

投稿日:2018年7月16日 更新日:

リフティングを上達させるためには、リフティングの基礎を習得するだけでなく、新しいことにも積極的に挑戦していくべきです。

通常、リフティングをするときはフットサルシューズもしくはサッカースパイクなどを使って練習をしていると思います。

ですが、ときにはシューズを履かずに素足のまま裸足でリフティングをしてみても良いかもしれません。

今回は僕が裸足でリフティングをしたことによって、どのような状態になれたのかについてお話させていただきます。

裸足リフティングは最初は痛い

裸足でリフティングをすると、今までずっとスパイクやトレシューを履いていたので、最初は刺激が強くて足が痛くなります。

足の甲の出っ張ってるところが、ちょうどミートポイントになるので、そこが赤くなって痛いです。

だけど、どんどん裸足リフティングを繰り返すことで、ミートする感覚が研ぎ澄まされて、だんだん気持ちよくなってきます。

このドストライクゾーンでミートさせるポイントのことを、スイートスポットと呼ぶそうです。

スイートスポットでリフティングができるようになると、リフティングが一気に上達します。

自分はブラジル代表の一員になれるんじゃないのかってくらいの勢いです。笑

裸足リフティングはインステップだけじゃなく、インサイドやアウトサイドもやろう

裸足リフティングにハマりだすと、リフティングのたびに靴を脱いでしまいます。

裸足でボールをヒットさせる感触に病みつきになると凄いことになるもんですね。。

で、裸足リフティングはインステップだけでやるよりも、インサイドやアウトサイドを使ったほうが絶対に上手くなります。

トレシューやサルシューに頼らずに素足の感覚を研ぎ澄まして、インサイド、アウトサイド、ヒールでリフティングの練習をしましょう。

これを実践していくだけで、サッカーの基礎的な技術が一気に上がります。

クラブ活動の基礎トレや、パス交換などで、自分のボールタッチが明らかに上達しているのが目に見えて分かるはずです。

そのなかでも特に手応えを感じたのがトラップでした。

後ろからくる難しいボールもメチャクチャ上手くトラップできるようになったので、周りからどんどんパスが来ます。

僕が実践したのは裸足でリフティングをしただけです。

裸足でリフティングをすると、周りから変な目で見られる

僕は場所を選ばずに裸足リフティングをしていたため、周りから変な目で見られていました。

学校のグラウンドなら全然良いのですが、家の前や、近所の公園でもお構いなしに裸になってリフティングをしてると白い目で見られます。

確かに靴を履いているのに、なんでわざわざ靴下も脱いで裸足になってボール蹴るの?って思われてしまうのも仕方ありません。

ですが、誰かの視線を気にして裸足リフティングをやめるようじゃ、そこまでです。

「誰からどう思われようが関係ない、俺はリフティングを神がかり的に上達させて、サッカー上手くなってやるんだ!!!」

ぜひ、これくらい気迫で裸足リフティングに取り組んでもらえたらと思います。

裸足でリフティングをする際の注意点

裸足でリフティングを行う場合は、足元が安全な場所で行なってください。

公園などにはガラスの破片などが落ちていることもあるため、出来れば芝生の上や柔らかい土の上で練習しましょう。

最初のうちは、足の甲の出っ張ったところが赤くなります。

なので、初日は一気に練習せず、少しずつ回数を増やすようにしてください。

初日はスイートスポットを見つけるために、とにかく気持ちのいいヒットポイントを探し出すことを目標に練習しましょう。

-リフティング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフティングが上手くなるコツを3つのステップごとに解説

リフティングが上手くなるコツは、ずばりボールに触りまくることです。 え?!そんな単純なこと?って思うかもしれませんが実際にそうです。 キャプテン翼の主人公も「ボールは友達」と言っていますが、まさにボー …

【リフティング】ボールを弾ませないコツは膝の使い方にあった

リフティングが上達してくると、色んな技に挑戦したい気持ちが出てくるかもしれません。 僕の場合もそうでした。 最初はサッカー部のくせにリフティングがろくに出来なくてバカにされたことがキッカケになって、夢 …

サッカーのリフティングに適したシューズ(靴)の選び方

リフティングを上手くなるには、とことん道具にこだわったほうがいいというのが僕の持論です。 そのなかでも特に大事だと思うのがシューズです。 ということで今回はリフティングシューズの選び方とオススメできる …

【上級者が語る】リフティングが出来ない意外な理由とは?!

本日はリフティングが出来ない理由について、自称リフティング上級者(最高記録1323回)の僕がお話させていただきます。 リフティングが出来ない理由をインターネットで検索している人は、向上意欲があって上手 …

サッカーのリフティング競技(フリースタイルリフティング)の魅力に迫る

リフティングをしながら色々な技を披露する、フリースタイルフットボール。 フリースタイルリフティングは今から約15年前(僕が高校生くらいの頃)から国内で一気に広まっていったように思います。 その頃はナイ …