リフティング

対面リフティングでライバルと差をつけよう

投稿日:2018年7月16日 更新日:

少し前に、ビートたけしと爆笑問題の極限というテレビ番組の企画で、サッカーボール版キャッチボールというのがありました。

中村俊輔×遠藤保仁の日本代表コンビと、メッシ×スアレスのバルサコンビで、どちらが長い距離でリフティングパスを成功出来るかを競い合うといった内容です。

結果的にメッシとスアレスのバルサコンビが50メートルのリフティングパスを成功させ勝利を収めました。

やはりトッププレイヤーほど対面リフティングが上手いものです。

ということで、今回は、対面リフティングを取り入れて、一気にライバルとの差をつける方法についてお話しします。

1人リフティングよりも対面リフティングのほうが状況判断能力が身につく

1人だけでリフティングの練習をするだけでも、ボールコントロールの技術は身につきます。

ですが、サッカーが上手くなるために最も必要な状況判断能力や処理能力などは、対面リフティングをしなければ身につきません。

対面リフティングをすることで、色んな球種のボールに反応することができます。

球種によって胸、太もも、インサイドなど、ボールの勢いを吸収させる技術が必要です。

山なりのボールや、お腹よりも高い位置のボールは胸、胸でトラップしたボールを落ち着かせるには太もも、低くて速い弾道のボールはインサイドといったように、判断力を鍛えることができます。

1人リフティングの場合、基本的にボールをまっすぐ垂直に蹴り上げるだけなので、そこまで判断力を鍛えることができません。

タッチ制限付きの対面リフティングをすれば確実に上手くなる

対面リフティングをするうえで、もっとも大切なのが、いかに早くボールを足元に収めて、相手に素早く質の高いパスを供給できるかです。

相手から出された浮き玉を何度も触ってから返すのだったら誰でもできます。

ですが、例えば3タッチ目で相手にパスを返すという条件を付けるとどうでしょうか。

おそらく、返ってきたボールをワンタッチでさばき、ツータッチ目で持っていきたい場所にボールを持っていき、スリータッチで相手に返そうと頑張るはずです。

最初は多めのタッチ回数でも良いので、対面リフティングは必ずタッチ制限をつけるようにしましょう。

5タッチ、4タッチ、3タッチと徐々にタッチ数を減らせるようになれば、サッカーが上手くなるためのリフティングが出来ています。

対面リフティングをする相手が居ないときの代替案

とはいっても、対面リフティングの相手が居なければ練習はできません。

そんなときに対面リフティングの代わりとなるオススメの代替案があったとしたら助かりますよね。

実はこの方法は僕が対面リフティングの相手が居ないときに編み出した方法です。

編み出したと言っても、そんな大げさなことではなく、誰でも取り入れることができちゃいます。

その方法とは、ズバリ、、、

コンクリートの壁に対面パスをするという方法です。

これなら、友達が居ない日でも、黙々と壁に向かって対面パスをすることが出来ます。

相手が壁なので、高い位置にボールを蹴りつければ、跳ね返ってくるボールも高くなります。

反対に低めのボールを壁に蹴りつけると、低く早い弾道のボールが跳ね返ってくるわけです。

自分のパススピードや、球筋によって、跳ね返ってくるボールの種類が変わることで、その状況に応じた判断が瞬時に求められます。

そこにタッチ制限などもつけて、自分の目標に向かって進んでいけば、間違いなくライバルとの差が開いていくはずです。

ということで、まだ対面リフティングをやったことがない方は是非チャレンジしてみてください。

-リフティング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ガチ公開】リフティングが上達しやすい人の身体的特徴や生活習慣について

リフティングが上達しやすい人には、ある身体的特徴があります。 そして、もし仮に身体的特徴が無かったとしても、問題ありません。 ある程度努力をすることで、リフティング上達に必須の身体的特徴を手に入れるこ …

短期間でリフティングができるようになる方法(練習メニュー付き)

リフティングが苦手で上手くできない… そんな人でも、リフティングができるようになるコツやツボをおさえると、短期間のうちにリフティングが得意になります。 自転車に乗るのも、一輪車に乗るのも、何をするにし …

レモン、缶ジュース、ガムでリフティングをする有名サッカー選手

ボールリフティングが上達してくると、サッカーボールだけでは物足りなくなって色んなものを使ってリフティングがしたくなるようです。 実際に有名サッカー選手もサッカースパイク、バナナ、レモン、缶ジュース、噛 …

【リフティング上達のコツ】練習の数×ユーチューブ動画閲覧数で決まる

リフティングが上手くできない初心者でも、リフティングのコツを頭とカラダで理解すれば、個人差はありますが確実にできるようになります。 リフティングを連続してインステップで50回以上できるようになりたい …

リフティングを長続きさせたいなら軽いバックスピンをかけよう

足の甲でリフティングをするとき、軽いバックスピンをかけながらボールを蹴るとリフティングが長続きします。 リフティング回数を何百回~何千回と狙いたい場合はバックスピンをかけるリフティングを行いましょう。 …