リフティング

インステップリフティングの足の角度って何度が正解?!

投稿日:

スポンサーリンク

インステップキックは、足首を伸ばした状態で足の甲や足首に近い部分でミートさせますが、インステップリフティングの場合は少し違います。

ということで今回はインステップリフティングの足の角度についてお話します。

インステップリフティングの足の角度は意外に浅かった

インステップシュートは出来るだけ足首を伸ばした形で、靴底のインソールを指で掴んで蹴りますが、インステップリフティングの場合は足首の角度は90度くらいで十分です。

ようするにそこまで足首が伸びていない状態で、インパクトのときにだけ足首を固定させてボールをミートさせる感覚が必要になります。

足首の角度が90度なんて、そんなんでボールをミートできるの?って思われるかもしれませんが、コツさえ掴めばボールをミートさせることが可能です。

インステップリフティングのときに足首を伸ばさないほうが良い理由

インステップリフティングのときに足首を伸ばさないほうがリフティングが上手くいくのにはちゃんとした理由があります。

足首を伸ばしてリフティングを行うと、ボールをミートさせるポイントが体から離れてしまうため、ボールを足元に収めることが難しくなります。

ボールが体から遠くなれば、ボールが逃げてしまうので、結果的にリフティングを上手く続かせることができません。

太ももでリフティングするのが得意な方なら分かっていただけると思うのですが、太ももが地面と平行の状態でボールを捉えれば何回でも出来てしまいます。

もし太ももの角度が90度以上になってしまえば、体からボールが離れてしまうので、リフティングを続けることができなくなります。

それと一緒でインステップリフティングでも、地面と平行に足首の角度を90度に保つことで、安定した状態でリフティングを続けることができるわけです。

インステップリフティングのときの足の形ってどんな状態が正解?

インステップリフティングは足の角度を90度に保った状態で実践しますが、靴のなかの足の形をどんなふうにしたら良いのか気になりますよね。

実は僕もインステップリフティングをマスターするまで、足の形をどんなふうにすればいいのかで迷っていました。

最初のうちは、つま先でインソールを掴むようにしてリフティングをしていたんですが、あまりに力んで指がつってしまいました。

力みながらリフティングをするのは間違っているんじゃないかな、、

そう思って、リフティングの上手い選手の動画を隈なくチェックしたところ、みんなリラックスしながらリフティングをしていたんですね。

それで、ほとんど足の指に力を入れない状態でボールを捉える練習をスタートさせたところ、まったく疲れない状態でリラックスしながらリフティングできるようになりました。

足の指の力は抜いていますが、足首部分はボールをインパクトさせる瞬間にだけ少し固定させるような感覚を持っておくと上手くいきやすいと思います。

-リフティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サッカーのリフティング競技(フリースタイルリフティング)の魅力に迫る

スポンサーリンク リフティングをしながら色々な技を披露する、フリースタイルフットボール。 フリースタイルリフティングは今から約15年前(僕が高校生くらいの頃)から国内で一気に広まっていったように思いま …

【リフティング平均回数】何回できたらサッカー上級者なの?

スポンサーリンク 本日はリフティングの平均回数についてお話します。 小学生のお子さんを持たれている親御さんなら、リフティングの平均回数は結構気になるものです。 幼稚園の頃からサッカーをしている子供は、 …

【本音暴露】リフティングが上手くなりやすい人の性格や特徴について

スポンサーリンク リフティングが上手くなりやすい人には、ある共通した特徴があります。 逆を言えばリフティングが上手くならない人にも共通した特徴があります。 今回は、基礎的な技術の話や具体的な練習の仕方 …

サッカーが上手い人はリフティングも上手い?!

スポンサーリンク リフティングが上手い人を見ていると、きっとこの人はサッカーも上手いんだろうなと思うことがあります。 試合前のウォーミングアップで、色んなリフティングの技を披露している選手なんかを見る …

サッカーのリフティングボールって使ったほうが上達するの?!

スポンサーリンク サッカーのリフティングを上達させるグッズのなかにリフティングボールがあります。 リフティングボールはサッカーボールよりも小さいため、より細やかなボールコントロール技術を身につけること …