リフティング

リフティングが物凄く下手なプロサッカー選手について

投稿日:

スポンサーリンク

プロサッカー選手なら誰でもリフティングは当たり前のように上手くできるイメージがあると思います。

ですが、サッカー選手でもリフティングが物凄く下手な選手は何人かいます。

もちろん全体的にみれば、数は少ないかもしれませんが、トッププレーヤーであってもリフティングが苦手な選手はいるようですね。

サッカー元日本代表の井原正巳はリフティングができなかった

サッカー元日本代表の井原正巳さんは鉄壁のディフェンダーとして活躍しましたが、井原さんはリフティングが数回しかできなかったようです。

当時のディフェンダーはポジション柄、ミッドフィルダーと違って、そこまで細やかなボールタッチは求められていなかったのかもしれません。

正確なトラップとキック技術があれば、リフティングができなくても全然通用するのでしょう。

井原選手は1993年のワールドカップアジア予選で右足インサイドで鋭いミドルシュートを決めていますし、ボールコントロール技術は充分にあったのが伺えます。

元アルゼンチン代表のバティストゥータもリフティングができない選手

元アルゼンチン代表のスーパースター選手のガブリエル・バティストゥータもリフティングができない選手の1人です。

元日本代表の中田英寿もローマ時代にバティストゥータと共にプレーしましたが、中田英寿が「バティは練習ではビックリするくらいに下手くそなのに、試合になるといつも点をとっていた」と話しています。

もしかしたらディフェンダーやストライカーにはリフティングができない選手が多いのかもしれませんね。

例外として、ファーレン長崎の中村北斗選手(元アビスパ福岡)はリフティングが数回しかできないようですが、サイドバック、サイドハーフ、ボランチという広範囲なポジションで活躍しています。

リフティングができない=サッカーができないは言い過ぎ

プロサッカー選手でもリフティングができない選手が何人かいることが分かると、別にリフティングできなくてもサッカーができれば良いんじゃないのかと思うかもしれません。

ただ、プロサッカー選手のほとんどはリフティングを何十回、何百回とやってのけるのは間違いありません。

リフティングをすることによって試合前にリラックスできたり集中力を高めることもできるので、やはりリフティングはできるに越したことはないのです。

リフティングができないことが直接的にサッカーができないことに繋がるわけではありません。

ですが、現代サッカーでは、より細やかなボールコントロール技術が求められてくるようになりました。

そういったことも考えると、ディフェンダーだろうがフォワードだろうがポジンションに関係なく、リフティングはできるようになっておいたほうが良いかと思います。

-リフティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リフティングを長続きさせたいなら軽いバックスピンをかけよう

スポンサーリンク 足の甲でリフティングをするとき、軽いバックスピンをかけながらボールを蹴るとリフティングが長続きします。 リフティング回数を何百回~何千回と狙いたい場合はバックスピンをかけるリフティン …

【リフティング平均回数】何回できたらサッカー上級者なの?

スポンサーリンク 本日はリフティングの平均回数についてお話します。 小学生のお子さんを持たれている親御さんなら、リフティングの平均回数は結構気になるものです。 幼稚園の頃からサッカーをしている子供は、 …

リフティング練習にもってこいのオススメ場所をランキング形式で発表!

スポンサーリンク リフティングを練習するうえで場所選びはとても大切です。 どんな場所を選ぶかによってリフティングの上達スピードは変わってきます。 今回は僕が今までにリフティング練習をしてきたなかで、上 …

サッカーのリフティングができなくて馬鹿にされた時のマイストーリー

スポンサーリンク このブログではサッカーのリフティングができないと悩んでいる人に向けて、リフティングが楽にできるようになるリフティングのコツを惜しみなく公開しています。 実は僕もサッカーのリフティング …

サッカーのリフティング競技(フリースタイルリフティング)の魅力に迫る

スポンサーリンク リフティングをしながら色々な技を披露する、フリースタイルフットボール。 フリースタイルリフティングは今から約15年前(僕が高校生くらいの頃)から国内で一気に広まっていったように思いま …