リフティング

リフティングを長続きさせたいなら軽いバックスピンをかけよう

投稿日:

スポンサーリンク

足の甲でリフティングをするとき、軽いバックスピンをかけながらボールを蹴るとリフティングが長続きします。

リフティング回数を何百回~何千回と狙いたい場合はバックスピンをかけるリフティングを行いましょう。

基本的にリフティングはボールに回転がかからないように足の甲でミートさせますが、バックスピンをかけることでボールが不用意に前に飛んでいくのを防止できます。

リフティングで回転がかかりすぎている場合

人によってはリフティングをする際にバックスピンがかかりすぎて悩んでいる人もいます。

足元(手前)にボールがきすぎて窮屈になっている場合はバックスピンがかかりすぎているので、前方でボールの中心を捉えてバックスピンをかける割合を減らしましょう。

つま先でボールをキャッチすると強い回転がかかる

ボールに回転がかかりすぎている場合はファーストインパクトが足の甲ではなく、つま先になっていることがほとんどです。

つま先が上がった窮屈な格好でボールを蹴り上げている場合は、足指の腹で靴底のインソールを抑えるようにしてリフティングをするようにしてください。

軸足の膝の動きを柔らかくするとボールの回転がおさまる

軸足の膝がかたくなって棒立ちのような状態になっていても、バックスピンはかかります。

軸足の膝を適度に曲げた状態にさせて、足の甲でボールの中心を捉えることで、バックスピンがかかりにくくなります。

感覚としては軸足の膝をくの字に曲げたと同時に足の甲でボールを蹴るような感じです。

両足で左右交互にボールを同じ高さに蹴り上げることができればリズムが生まれます。

一定のリズムでリフティングができれば、軸足の膝の曲がり具合も統一されるのでリフティングが安定します。

リフティング新記録に挑戦したいときにバックスピンをかけよう

100回くらいのリフティングであれば、わざわざバックスピンをかける必要はありません。

インステップでボールの中心を捉えさえすれば比較的簡単にリフティングが続くからです。

ですが300回~500回などの記録更新を目指す場合は、ある程度ボールに回転をかけながらリフティングをしたほうが成功確率があがります。

インステップでボールの中心を捉えるリフティングは集中力が求められるため、意識が散漫になるとどうしてもボールが落下してしまいがちです。

逆に、つま先から足の甲でバックスピンをかけながら行うリフティングなら集中力が切れても、ある程度は立て直すことができます。

-リフティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リフティングが上手くなりたい!気持ちが大きいほど上達する理由

スポンサーリンク ボールリフティングが上手くなりたいと思うのは素晴らしいことです。 サッカーが上達するしないに関わらず、ボールリフティングが上手くなることで、自分に自信がつきます。 何か新しいことに挑 …

【本音暴露】リフティングが上手くなりやすい人の性格や特徴について

スポンサーリンク リフティングが上手くなりやすい人には、ある共通した特徴があります。 逆を言えばリフティングが上手くならない人にも共通した特徴があります。 今回は、基礎的な技術の話や具体的な練習の仕方 …

インステップリフティングの足の角度って何度が正解?!

スポンサーリンク インステップキックは、足首を伸ばした状態で足の甲や足首に近い部分でミートさせますが、インステップリフティングの場合は少し違います。 ということで今回はインステップリフティングの足の角 …

リフティングが上手くなるコツを3つのステップごとに解説

スポンサーリンク リフティングが上手くなるコツは、ずばりボールに触りまくることです。 え?!そんな単純なこと?って思うかもしれませんが実際にそうです。 キャプテン翼の主人公も「ボールは友達」と言ってい …

リフティングが超上手いロナウジーニョに近づく方法

スポンサーリンク ロナウジーニョ・ガウーショみたいになりたい いや俺はロナウジーニョ・ガウーショになるんだ いやいや俺はロナウジーニョ・ガウーショなんだ はい、今回はロナウジーニョみたいになりたい人に …