リフティング

リフティングを長続きさせたいなら軽いバックスピンをかけよう

投稿日:

スポンサーリンク

足の甲でリフティングをするとき、軽いバックスピンをかけながらボールを蹴るとリフティングが長続きします。

リフティング回数を何百回~何千回と狙いたい場合はバックスピンをかけるリフティングを行いましょう。

基本的にリフティングはボールに回転がかからないように足の甲でミートさせますが、バックスピンをかけることでボールが不用意に前に飛んでいくのを防止できます。

リフティングで回転がかかりすぎている場合

人によってはリフティングをする際にバックスピンがかかりすぎて悩んでいる人もいます。

足元(手前)にボールがきすぎて窮屈になっている場合はバックスピンがかかりすぎているので、前方でボールの中心を捉えてバックスピンをかける割合を減らしましょう。

つま先でボールをキャッチすると強い回転がかかる

ボールに回転がかかりすぎている場合はファーストインパクトが足の甲ではなく、つま先になっていることがほとんどです。

つま先が上がった窮屈な格好でボールを蹴り上げている場合は、足指の腹で靴底のインソールを抑えるようにしてリフティングをするようにしてください。

軸足の膝の動きを柔らかくするとボールの回転がおさまる

軸足の膝がかたくなって棒立ちのような状態になっていても、バックスピンはかかります。

軸足の膝を適度に曲げた状態にさせて、足の甲でボールの中心を捉えることで、バックスピンがかかりにくくなります。

感覚としては軸足の膝をくの字に曲げたと同時に足の甲でボールを蹴るような感じです。

両足で左右交互にボールを同じ高さに蹴り上げることができればリズムが生まれます。

一定のリズムでリフティングができれば、軸足の膝の曲がり具合も統一されるのでリフティングが安定します。

リフティング新記録に挑戦したいときにバックスピンをかけよう

100回くらいのリフティングであれば、わざわざバックスピンをかける必要はありません。

インステップでボールの中心を捉えさえすれば比較的簡単にリフティングが続くからです。

ですが300回~500回などの記録更新を目指す場合は、ある程度ボールに回転をかけながらリフティングをしたほうが成功確率があがります。

インステップでボールの中心を捉えるリフティングは集中力が求められるため、意識が散漫になるとどうしてもボールが落下してしまいがちです。

逆に、つま先から足の甲でバックスピンをかけながら行うリフティングなら集中力が切れても、ある程度は立て直すことができます。

-リフティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【リフティング上達のコツ】練習の数×ユーチューブ動画閲覧数で決まる

スポンサーリンク リフティングが上手くできない初心者でも、リフティングのコツを頭とカラダで理解すれば、個人差はありますが確実にできるようになります。 リフティングを連続してインステップで50回以上でき …

レモン、缶ジュース、ガムでリフティングをする有名サッカー選手

スポンサーリンク ボールリフティングが上達してくると、サッカーボールだけでは物足りなくなって色んなものを使ってリフティングがしたくなるようです。 実際に有名サッカー選手もサッカースパイク、バナナ、レモ …

リフティングが上手くなりたい!気持ちが大きいほど上達する理由

スポンサーリンク ボールリフティングが上手くなりたいと思うのは素晴らしいことです。 サッカーが上達するしないに関わらず、ボールリフティングが上手くなることで、自分に自信がつきます。 何か新しいことに挑 …

サッカーのリフティング競技(フリースタイルリフティング)の魅力に迫る

スポンサーリンク リフティングをしながら色々な技を披露する、フリースタイルフットボール。 フリースタイルリフティングは今から約15年前(僕が高校生くらいの頃)から国内で一気に広まっていったように思いま …

リフティング練習にもってこいのオススメ場所をランキング形式で発表!

スポンサーリンク リフティングを練習するうえで場所選びはとても大切です。 どんな場所を選ぶかによってリフティングの上達スピードは変わってきます。 今回は僕が今までにリフティング練習をしてきたなかで、上 …